高粱の一粒

一年草が世界を救う

これぞ日本人の物づくり魂! と思わせる入魂の一作。

Contents

世界初の無公害接着剤を開発した田中束は、その後、三十余年かけて高粱ボードの開発に成功。廃棄されている一年草の茎を材料にしたその製品は、森林破壊を防止する、重要な鍵を握っている

「30年以上、寝ても覚めても高粱のことを考えていた」

仕様

【タイトル】高粱の一粒
【著者】田中 束
【定価】1,500円(税込1,620円)
【仕様】四六版 ハードカバー 350ページ
【発売日】2013年11月30日
【刊行】ジャパニスト出版